津城



津城の歴史を訪ねる。
P1000421.JPG


藤堂高虎
P1000423.JPG


津城
P1000420.JPG


石垣
P1000424.JPG


に魚が
P1000415.JPG



P1000416.JPG



津城(三重県)
通称 安濃津城

城郭構造 輪郭式平城

天守構造 5重(織田期)非現存

築城主 細野藤敦

築城年 永禄年間(1558年 - 1570年)

主な改修者 織田信包、藤堂高虎

主な城主 細野氏、織田氏、富田氏 藤堂氏

廃城年 明治4年(1871年)

遺構 石垣、堀

指定文化財 三重県史跡

再建造物 模擬隅櫓


津城は三重県津市丸之内にあり、津市街の中心部に位置する。北は安濃川、

南は岩田川に挟まれ、これらを天然の大外堀としていた。

江戸時代初期に築城の名手・藤堂高虎により近代城郭として大改修され津藩の

藩庁となった。江戸期の津城は中央に内堀で囲まれた本丸と、それに付属して

東丸・西丸があり、本丸・東・西丸を取り囲んで二の丸が配された輪郭式の

平城であった。

現在の城跡は「お城公園、お城西公園」として整備されている。また、その他

の城址には津市役所や裁判所、津警察署などが建ち並んでいる。




日本の「城」巡りTOP













posted by oojijisun at 12:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。